日本を訪れている海外の大学生が選ぶ、青森県で行ってみたい観光スポットとは!?

2020/03/11
2020/11/26
thumbnail

日本列島の最北端にあり、北海道と唯一陸(鉄道のみ)でつながる青森県。そんな青森県が、いま国内外から注目されていることを知っていますか?東北経済産業局のまとめによると、2017年8月~18年7月に東北地方を訪れた外国人滞在者の人気スポット上位10位の中で、青森県内の観光スポットが6カ所を占めていることが発表されました。また、クルーズ旅行情報サイト「クルーズマンズ」がまとめた世界の寄港地ランキングでは、青森港(青森市)が日本でトップの4位に入ったと発表されました。ベネチア(イタリア)やサントリーニ島(ギリシャ)を抑えて上位に食い込んだ背景には、青森ねぶた祭や弘前城の桜の魅力があると伝えられています

青森県内では、電車やバスでの移動も可能ですが、より快適な旅をするなら、レンタカーを借りて回るのが断然おすすめです。今回は日本を訪れている海外の大学生へ「青森県内で行ってみたい観光スポット」についてインタビューを実施し、その回答で最も多かった4つの観光スポットを紹介します。各スポットには、地元の魅力を知り尽くした青森各地の住人の意見を取り入れたツアーも記載してあるので、ぜひ参考にして青森を楽しんでください!

まずは青森の伝統文化を学び体験

Nebuta Festival

ねぶた祭りは、明かりを灯した巨大な灯籠(=ねぶた)を山車に乗せて練り歩く華やかな祭り。その起源は奈良時代の七夕祭りまで遡ると言われており、地元の多くの人にとって一年で最も重要なイベントとされています。「青森ねぶた祭」は毎年200万人以上を動員し、「仙台七夕祭り」、「秋田竿燈祭り」と並んで東北の三大祭りに名を連ねるほど有名な伝統行事です。また祭りの様子を見るだけでなく、旅行者などを含む一般の人の参加も可能なことから、国内外から人気を集めています。最高の楽しみ方は、衣装を着てハネト(踊り手)になり、地元の人と一緒にエネルギッシュに踊ること。(参加には祭り用の衣装が必要です。衣装はレンタルも行っています)囃子に合わせてハネトとして踊っていると、体の内から熱いものが湧き上がってきて、周囲との一体感が生まれます。祭りの衣装を着て、地元の人と一緒に踊って熱量を感じながら一体感になって楽しめるのは貴重な機会なので、ぜひ足を延ばして体験してもらい行事です。

青森県内には、青森の伝統行事「ねぶた祭り」について体験・学べる施設があります。その中でも有名なものが、青森市内にある「ねぶたの家ワ・ラッセ」と五所川原市にある「立佞武多の館」です。

ねぶたの家ワ・ラッセ

Nebuta Museum Wa Rasse

ねぶたの家ワ・ラッセは、毎年7月から8月に開催される青森の伝統行事「ねぶた祭」について学び、体験することができる施設です。ここでは、ねぶたの起源や歴史、ねぶたとともに発展してきた街の歴史などを分かりやすく映像や造作物で紹介するほか、実際にお祭りに出陣したねぶた4台を展示紹介し、本物のねぶたの前でのハネトや囃子等の演奏を体験することができます。

「一年中ねぶたを体験できるので、夏に来れない人(実際のねぶた祭に参加できない人)におすすめの場所です。ここ(ワ・ラッセ)でねぶた祭りのことを知って、次の夏に来てもらえたらすごく嬉しいです。」と話してくれたのは、地元に住む女子大生。やはり青森県に住む人にとってねぶた祭は特別なものであることが伺えます。

スポット
ねぶたの家 ワ・ラッセ 青森
ツアー
Trip with a Rent a Car in Aomori city: A tour the whole family can enjoy, complete with visits to an aquarium and an art museum

立佞武多の館

五所川原立佞武多は、高さ20メートル以上、重さ16トンという巨大なもので、弘前市の扇ねぷたとも、青森市の人形ねぶたとも違う、明治末期の巨大化した佞武多の様式を伝えています。運行形態は、大太鼓(忠孝太鼓)を先頭に、台車に乗せた立佞武多を数十人の引き手が台車の左右に付けたロープにとりつき2列になって引きます。2列の間には、太鼓、笛、手平鉦で構成される数人の囃子方が囃子を奏し先頭となり、次いで数十人のハネトが「ヤッテマレ」などのかけ声をかけてはねながら続きます。

立佞武多は、今から約1世紀前の明治中期から大正初期にかけて行われた当市の伝統民俗。高さ約12間(約21メートル)のものが、数百人の若者によって担がれ、町内を練り歩いたといわれています。しかし電気の普及により、電線が張り巡らされ、次第に小型化されて現在運行されている通常のねぷた(高さ約4.5メートル)へと移行しました。しかし平成8年1枚の写真を元に、五所川原の有志たちにより、高さ20メートル強のねぷたを復元させ、「立佞武多」と命名。その威容と五所川原人の気概は全国的な反響を呼びました。

「立佞武多の館」は、五所川原市で毎年8月上旬に行われる伝統行事「立佞武多まつり」で実際に使った立佞武多を見学できる施設。館内では実際のお祭りの臨場感あふれるシーンの上映や、囃子の生演奏なども行われており、実際に体験している気分を感じることができます。立佞武多燈籠の製作体験や展示を通して、立佞武多について深く知ることができます。青森市内からは、車で1時間半ほどの場所にあるため、レンタカーで巡ってそれぞれの違いを楽しんでみるのもおすすめです。

スポット
立佞武多の館 青森
ツアー
Trip with a Rent a Car in Aomori Pref: Enjoy gourmet foods and Neputa, an important intangible folk cultural property

豊かな大自然の美しさを五感で感じる十和田湖エリアでリラックス

次にご紹介するのは、青森の豊かな大自然です。特に人気だったのが十和田市が中心となっている上北地域。上北地域は、青森市内から車で1時間半ほどの場所にあります。四季折々の豊かな自然が魅力の、十和田湖や奥入瀬渓流、蔦沼といった観光スポットは、季節ごとの美しい景色を写真に収めようと多くの人が訪れます。このエリアには、近隣に自然豊かな観光スポットが多くあるので、ぜひレンタカーを活用してあちこちをめぐり、あなただけの一枚を探してみてください。

蔦沼

Tsutanuma Lake

「蔦沼はなんといっても紅葉ですね。蔦沼から少し歩くと白神山地の登山ルートにも入るので登山好きには沢山景色を楽しめるとてもラッキーなスポットです。歩いて青池にも行けてしまいます」とおすすめしてくれたのは、青森県出身の大学生。

青森県の蔦沼は、紅葉の見頃の時期に多くの観光客やカメラマンが集まる青森県の秘境です。早朝の蔦沼を朝日が照らし、真っ赤に染まった紅葉が湖面に映った神秘的な景色。そして朝日が昇り始める頃から次第に空の青が少しずつ白みがかり、それとともに朝日に染まった紅葉が湖面にも映し出されていきます。多くの人は朝5時には訪れ、太陽の動きで少しずつ変化していく美しい景色を楽しんでいます。また蔦沼周辺にはいくつかの沼があり、遊歩道を使ってそれぞれの景色を楽しむ人も多いようです。

スポット
Tsutanuma Lake 青森

奥入瀬渓流

Oirase Valley

渓流沿いには車道と遊歩道が整備されており、豊かな森林や力強い滝、神秘的な清流など、たくさんの見所を楽しみながら散策することができます。また、新緑や紅葉など四季によって違った表情を見ることができるため、季節を変えて何度でも訪れたくなるスポットです。自然と一体となるような感覚を実際に体験してみてください。また、蔦沼へは車で約20分と、とても近い距離にあります。時間がある場合は少し足を伸ばして2つの大自然の中でリラックスしてみてください。

スポット
Oirase Gorge 青森

いかがでしょうか。全国各地から人が集まる伝統行事「ねぶたまつり」、そして多くの観光客やカメラマンが集まる豊かな自然がある青森県。クルーズ船の寄港も年々増加してきて益々注目が集まっています。ぜひ一度訪れてみてください。

TOYOTAレンタカーで車を借りて旅してみよう

alt

参考記事

おすすめの青森ツアーもチェック!

ツアー
Trip with a Rent a Car in Aomori pref: Enjoy the beautiful scenery from a ropeway followed by a visit to a famous onsen
ツアー
Trip with a Rent a Car in Hachinohe city: Try all kinds of local rice wine
ツアー
Trip with a Rent a Car in Aomori Pref: Enjoy gourmet foods and Neputa, an important intangible folk cultural property
ツアー
Trip with a Rent a Car in Hirosaki city: Taste and compare different kinds of specialty apples
ツアー
Trip with a Rent a Car in Aomori city: A tour the whole family can enjoy, complete with visits to an aquarium and an art museum

Sponsored Links

感性を刺激するツアーを探す

ガイド付きツアーは、ガイドの感性に触れるツアーです。旅行という非日常で多様な価値観に触れ、自らの価値観を豊かにしましょう。

探す
WOWU-mediator