日本で桜を120%楽しむ方法

2020/02/28
2020/11/26
thumbnail

Sponsored by 株式会社JTB, パナソニック株式会社, ヤマト運輸株式会社

「秋の紅葉や冬の雪、春の桜など、四季を楽しむために日本への旅行を決めたものの、見るべきタイミングが合わなかった」という経験はありませんか?日本には、季節ごとに様々なイベントがあり、訪日旅行客の12.3%が季節ごとのイベントに期待して日本を訪れています(参照:2018年・観光庁・訪日外国人の消費動向年次報告書)。その中でも、特にこれから見頃を迎える「桜」は、日本人にも海外の方にも人気が高い風物詩です。しかし、桜は開花期間がとても短く、日本人ですら見ごろの期間を狙うのが難しいものです。現地の人ですらタイミングを捉えることは難しいのに、旅行客にとっては最適なタイミングを捉えることは至難の業。できる限りの準備はしておきたいものです。もし、到着した日が桜の見頃だったら、すぐに行動に移したくありませんか?空港で大きな荷物を預けて、早速行動しましょう。その日必要なアメニティや着替えなどが入っている荷物でも、その日のうちにホテルに届けてくれるサービスがあります。

それは、荷物を預けて手ぶらで回れる”LUGGAGE-FREE TRAVEL”というサービスです。また、日本の春に来たら絶対に行くべき桜スポットのご紹介や、LUGGAGE-FREE TRAVELをお得に使えるクーポンもありますので、ぜひ最後までご覧ください。

日本で体験すべき春の風物詩:桜を愛でる「お花見」

ohanami

日本では、「お花見」といえば、「桜」を見ることをいいます。この場合、日本人は花=桜と認識します。日本人にとって、「桜」は花の中でも、特別な存在なのです。そのため、桜が咲くとお花見をするのが恒例行事となっています。お花見とは、桜を観ながら仲間と集まって食事を食べたりお酒を飲んだりすることを言います。ピンクに色づいた美しい桜がたくさん咲いている公園の木の下に座って談笑したり、桜並木沿いに出ている露店を回って食べ歩きをしたり、遊覧船に乗りながら桜を見上げたり、楽しみ方は実に様々。あちこちに人気お花見スポットが点在し、ビニールシートで場所取りをしようとする争奪戦もお花見ならではの光景です。

桜をベストタイミングで観るのが難しい理由

そんな美しい桜が咲く期間は実は2週間弱と、とても短いのが特徴です。その中でも、晴天で満開の時期を狙うのは至難の技です。桜が咲く3月末〜4月頭は「春一番」と呼ばれる強風が吹き、花びらが散ってしまうかもしれない。雨が降って花がしおれてしまうかもしれない。例年よりも寒さが長引き、満開の時期がずれてしまうかもしれない...。お花見のベストなタイミングを狙うのは、日本人でも難しいのです。

今すぐ桜を見に行きたい!立ちはだかる「荷物」の壁

suitcases

そんな短い桜の美しさを見逃さないためには、タイミングがいいと思ったらすぐに行くべきです!

例1)日本に到着した日が見頃だった場合。その足で気になるスポットに直行することをお勧めします。荷物を置くためにホテルに寄ろうとすると、遠回りになる可能性があります。

例2)東京から大阪など、別の都市にも行く旅行プランの場合。移動する日が、風も弱く晴天だったら、新幹線/飛行機に乗る前に桜を見れるかもしれません。しかし、ホテルのチェックアウト時間は大体午前中なので、ホテルに荷物を預けたとしてもまた取りに戻る必要があります。

いずれのケースにしても、スーツケースなど重い荷物を持ったままお花見スポットに立ち寄ろうとするのはもってのほかです。お花見スポットは、例年美しい桜を観るため最寄駅から既に混雑しているので、大きな荷物を抱えての移動はかなり体力を消耗します。お花見スポットに向かう電車や道が混んでいて到着するまでに時間がかかってしまうかもしれません。

そうすると、駅に設置されているコインロッカーが埋まってしまう可能性も高いです。
参考までに、花見がどれほど人気かというと、最も人出が多い場所は上野公園で、桜が咲いている約3週間の期間に358万人が花見をしています。そのほかにも、弘前公園(青森)で200万人、高田公園(新潟)で130万人、角館(秋田)で128万人と多くの人がお花見を楽しんでいます。

日本に来てからお花見の存在を知って、「今すぐお花見に行きたい!」と思っても、その時に大きな荷物を持っていたらちょっと躊躇してしまいませんか?そんな時、荷物を先にホテルや空港に送って、自分は手ぶらでお花見スポットに直行できたらいかがでしょうか?

“LUGGAGE-FREE TRAVEL”を使うと、オンラインの事前予約でQRコードを発行するだけで、空港や宿泊するホテルで荷物を預ける・受け取ることができます。移動中は、煩わしい荷物から解放される、そんな日本ならではの便利なサービス”LUGGAGE-FREE TRAVEL”はこちらです。

あなたもきっと行きたくなる、行くべきお花見スポットはここだ!

実際に、東京で人気の桜スポットをいくつか見てみましょう!

#1 中目黒桜まつり

Nakameguro Cherry Blossom Festival

目黒川沿いに約800本の淡いピンク色の桜(ソメイヨシノ)で彩られる、都内で人気No.1を争う中目黒桜まつり。屋台やレストランで食事を楽しみながら桜を観賞する人で賑わいます。ピンクのシャンパンと桜の写真がとっても綺麗と、人気です。

例年の来場者数:約300万人

event
中目黒桜まつり

#2. 千代田のさくらまつり

Chiyoda City Cherry Blossom Festival

全長約700mの遊歩道に、ソメイヨシノやオオシマザクラといった種類の桜およそ260本が咲き誇り、まるで桜のトンネルを歩いているような体験ができます。また、ボートに乗りながらライトアップされた夜桜を観ることができるのも千代田のさくらまつりならではの体験。

例年の来場者数:約130万人

event
千代田のさくらまつり

#3. 六義園 しだれ桜と大名庭園のライトアップ

Rikugien Garden Shidare-zakura and Daimyo Teien Park Light-Ups

六義園では、「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」が毎年開催されます。大名庭園のひとつ、六義園のしだれ桜は4月に見頃を迎えるソメイヨシノよりもひと足早く、3月下旬頃が見頃で、幅約20m、高さ約15mと、その大きさが特徴です。桜を見た後は、和菓子とお茶のセットでゆったりとした時間を過ごすのもおすすめ。

例年の来場者数:約20万人

event
六義園 しだれ桜と大名庭園のライトアップ

いかがでしたでしょうか?それぞれのスポットに特徴があり、色々な楽しみ方を探せそうですね!3月〜4月に日本旅行を考えている方は一見の価値ありです。

まとめ

混雑退避と桜のベストタイミングを狙って、ぜひストレスフリーに日本のお花見を楽しんでいただきたいです。LUGGAGE-FREE TRAVELを使えば、体力を消耗することもないし、どこのコインロッカーに入れたのか忘れてしまって探し回る必要もないし、うっかり取り忘れる心配もありません。JTB、Panasonic、ヤマト運輸という日本を代表する3社が運営しているというのも安心です。

ぜひ貴重な満開の桜を楽しんでください!

さらに東京のおすすめお花見スポットを知りたい方はこちら。

20%オフのクーポン配信中!

クーポンコード:wowh20
有効期限:2020/12/31

関連ツアー

ツアー
Explore cherry blossoms in Tokyo
ツアー
Hanami (cherry blossom viewing) tour in Tokyo

Sponsored Links

感性を刺激するツアーを探す

ガイド付きツアーは、ガイドの感性に触れるツアーです。旅行という非日常で多様な価値観に触れ、自らの価値観を豊かにしましょう。

探す
WOWU-mediator