【中池見湿地】福井の自然を堪能できるおすすめ観光スポット

2020/08/21
2020/08/21
thumbnail

中池見湿地(なかいけみしっち)は、福井県敦賀市にある25ヘクタールの湿地です。ラムサール条約に登録されていて、絶滅危惧種になっている野鳥や花などの動植物を多く見ることができます。観光で自然を探索したい方、また、探索して疲れた体をすぐに温泉で癒したい方におすすめの場所です。

絶滅危惧種がなんと60種類も見られる!?

中池見湿地

60種類の絶滅危惧種が見られる中池見湿地

中池見湿地は、低い山に囲まれた、市街地に程近い25ヘクタールの湿地です。小さな湿地の中には、3,000種以上の貴重な動植物が生息しており、また袋状埋積谷(ふくろじょうまいせきこく)という珍しい地形を持っていることもあり、2012年にはラムサール条約に登録されました。地下部分は10万年以上前の気候変動を記録した、厚さ約40mにも及ぶ泥炭層が堆積しています。

3,000種以上もの動植物のうち、絶滅危惧種は60種にのぼります。例えば、主に日本、中国、台湾に生育する水生植物の一種である「ヒメビシ」。葉っぱは菱形で、小さなピンク色の花を咲かせます。田んぼの周りで見られます。続いて「ノジトラノオ」は、花序が垂れ下がった様子がトラの尾に似ている多年草です。最後に、スミレの仲間で紫色の花を咲かせる「コバギボウシ」。日当たりの良い湿地でよく見られる多年草です。

中池見湿地では、1年を通して様々な動植物、景色を楽しむことができます。春になると、黄色や紫など色とりどりの花々と緑豊かな植物で埋め尽くされ、夏には新緑に変わります。その後全ての緑の葉が紅葉して黄色、オレンジと色付くと秋の訪れを感じます。敦賀市では冬は雪が降るので、湿地帯は銀世界に包まれます。

湿地に入るアクティビティや古民家の展示も

中池見湿地

散策して疲れたらビジターセンターで休憩ができますよ。ここにはワークスペースやパネル展示などがあり、昔の中池見湿地の様子を知ることができます。

また、湿地帯を探検できるよう無料で長靴の貸し出しもされており、ザリガニ取りなどのイベントに参加することができます。汚れても良い服、夏は暑さ対策をお忘れなく!

中池見湿地

古民家で当時の暮らしを知る

近くには、築約100年の「敦賀の古民家」があります。敦賀市から移築された、伝統的な敦賀様式の茅葺き農家です。ここでは、当時実際使用されていた、米や土を運ぶための田舟、田下駄、鍬などの農器具が展示されています。

中池見湿地周辺のスポット

自然好きな方には、車で20分ほどの場所にある池河内湿原も覗いてみては。手付かずの自然が残されていて、遊歩道を歩いていると様々な湿生植物の群落を観察することができます。さらに、多くの昆虫や鳥の生息地としても知られています。

温泉

温泉で疲れた体を癒す

ハイキングをして体を動かしたら、敦賀温泉を楽しむのもおすすめ。「敦賀トンネル温泉」の愛称で親しまれ、中池見湿地の周りには車で10分圏内に日帰りで入れる温泉がたくさんあります。アトピー性皮膚炎や関節痛、冷え性などに効能があると言われています。ぜひ選択肢の1つに検討してみてください。

スポット
中池見湿地 福井

Sponsored Links

感性を刺激するツアーを探す

ガイド付きツアーは、ガイドの感性に触れるツアーです。旅行という非日常で多様な価値観に触れ、自らの価値観を豊かにしましょう。

探す
WOWU-mediator