「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」と松山観光おすすめスポット!

2020/08/25
2020/09/03
thumbnail

道後温泉の魅力は本館だけにとどまりません。2017年12月にオープンしたユニークな温泉、「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」を訪ねてみませんか?飛鳥時代の建築様式と愛媛の伝統工芸、そしてアートを融合させた温泉施設です。大浴場に浸かりながら砥部焼の陶板壁画やプロジェクションマッピングを鑑賞したり、大広間では伝統工芸の作品を眺めながらお茶と和菓子をいただく。特別浴室では皇族になった気分で入浴もできます。

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」:日本で最も古い歴史を持つ温泉

道後温泉別館 飛鳥の湯

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

3000年の歴史を持つ道後温泉は、「日本三古湯」の1つと言われています。レトロな外観と「道後温泉」の看板が目を引く、人気の「道後温泉本館」も必見ですが、時間を作って注目の「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」にも足を運んでみましょう。道後温泉本館のすぐ近くにある「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」は、飛鳥時代をイメージして作られた湯屋です。

道後温泉 飛鳥の湯

エントランス

一歩足を踏み入れると、道後温泉のシンボルである湯玉が描かれた装飾壁や、書家の紫舟(ししゅう)氏による書の彫刻が出迎えてくれます。湯玉は、世界遺産である奈良県の薬師寺西塔の再建にも使われた、「千年の釘」といわれる日本の伝統的な和釘(わくぎ)で作られています。見上げると、空気を浄化する「ゼオライト和紙」で作られた、山門をイメージしたシェードが見えます。右手と左手には、伊予絣(いよかすり)の生地で作られたピンクとブルーの暖簾が、伝統工芸ならではの風合いを出しています。「伊予」とは愛媛県の古名で、「絣」は染め糸を使った織物の一種のこと。伊予絣は日本三大絣の1つに数えられています。

アートなお風呂から皇室専用浴室を再現したお風呂まで

飛鳥の湯 プロジェクションマッピング

飛鳥乃湯泉 プロジェクションマッピング

大浴場に入ると、愛媛の伝統工芸品である砥部焼(とべやき)の陶板壁画があります。浴槽を囲むように3面に渡って道後にまつわる和歌の情景が描かれており、当時の世界に浸りながら湯船に浸かることができます。さらに、決まった時間になるとプロジェクションマッピングで、鳥が飛んだり季節の移り変わりなどが投影され、和歌の世界を映像で楽しむこともできます。プロジェクションマッピングは30分おきに上映されています。

露天風呂では、自然豊かな四国の山間部で育った媛ひのき(ひめひのき)を使った「デコラパネル」に癒されます。「デコラパネル」パズルのように木を組み合わせた美しい壁のこと。媛ひのきの香りがほのかに香ります。また、松山城などに使われている菊間瓦の行燈(あんどん)で演出される万葉集の世界観をお楽しみください。

道後温泉本館には、「又新殿(ゆうしんでん)」と呼ばれる皇室専用の浴室があるのですが、「飛鳥乃湯泉」では又新殿を再現した特別浴室があり、入浴することができます。特別浴室2の天井には皇族が道後をご訪問された時のゆかりの文様が描かれています。

道後温泉 又新殿 道後湯帳

道後湯帳

かつて、上流階級の人々は湯帳(ゆちょう)と呼ばれる浴衣をまとったまま入浴されていました。特別浴室では、湯帳を着た入浴体験をすることができます。道後湯帳はポリエステル製で、肌にまとわりついて透けたり、肌寒くなったりすることはありません。紫、ピンク、緑のカラーバリエーションからお好きなものを選べますよ。

道後温泉本館と同じく、飛鳥乃湯泉で使用している温泉は純天然温泉。全国でも珍しく、水を加えたり人工的に温めたりしていない「源泉かけ流し」が魅力です。18本の源泉を用いて温度を調整しています。

個性豊かな休憩室

大広間休憩室

大広間休憩室

60畳の広さを誇る大広間は、温泉に浸かった後に家族や友達同士でひと休みする場として利用されています。天井には愛媛県の伝統工芸品である大洲和紙(おおずわし)を使用した天吊りシェードと照明が吊られており、優雅で上品な空間となっています。

白鷺の間

白鷺の間

また、個室休憩室も5室用意されており、どの部屋も道後温泉にまつわる伝説がテーマになっています。例えば「白鷺の間(しらさぎのま)」は、怪我をした白鷺が道後温泉に浸かったところ回復して飛び立った、という伝説がテーマです。白鷺が元気になって飛び立っていく様子が、伊予水引細工(いよみずひきざいく)という伝統工芸を用いて、壁一面に描かれています。その他の部屋も、今治タオルや西条だんじり彫刻といった伝統工芸で表現された、個性的な空間となっています。

料金について

料金プランは4種類あります。1階浴室の入浴のみ利用したい場合は、大人610円、子供300円(休憩室の利用無し)。2階の大広間も利用したい場合は、大人1,280円、子供630円で、お茶と和菓子のサービスが付いてきます。個室休憩室を利用したい場合は、大人1690円、子供830円となります。さらに、特別浴室を利用する場合は1組ごとにプラス2,040円です。
営業時間は午前6時から午後23時(コースにより異なる)までで、それぞれ利用時間は90分制となっています。

詳細はこちら

道後温泉・松山エリアを散策しよう!

道後温泉は、愛媛県松山市の北東部にあります。松山市は愛媛県の県庁所在地であり、四国最大の都市です。日本12名城の一つである松山城が有名で、春には美しい桜の名所となります。丘の上にありますが、ロープウェイやリフトで簡単にアクセスできますよ。頂上まで行くと、市内全域と瀬戸内海を一望できる絶好のロケーションです!

坊っちゃん列車

坊っちゃん列車

また、作家の夏目漱石が愛用していた温泉でもあり、著書『坊っちゃん』にも登場します。この本にちなんで「坊っちゃん列車」と呼ばれる観光用の蒸気機関車が2つの路線で運行されています。一つは道後温泉駅から古町駅まで行き、もう一つは道後温泉駅から松山市駅まで行きます。飛鳥乃湯泉でお風呂に浸かった後は、坊っちゃん列車を利用して松山市へ繰り出しましょう!

スポット
Botchan Ressha Train 愛媛

関連スポット

スポット
Dogo Onsen 愛媛

Sponsored Links

感性を刺激するツアーを探す

ガイド付きツアーは、ガイドの感性に触れるツアーです。旅行という非日常で多様な価値観に触れ、自らの価値観を豊かにしましょう。

探す
WOWU-mediator